FC2ブログ

多摩の蛭


西丸震哉さんの話。
私も久しぶりに本棚から引っ張りだして読み返して見ました。

西丸さんは昔、奥多摩の数馬で、体長80cmの蛭を見たそうですが、
あまりの気味悪さに谷底に蹴り落としてしまったそうです。
次の日になってやっと、シマッタ、標本にするべきだったと
後悔したと書いてありますが、確かに奥多摩は今でもここが東京か?
と驚かされる程深い森林が残っていますよね。

ところで、多摩の蛭と云えば、
多摩の怪談話を拾い集めていた時に、気味の悪い話を読んだ事があります。

八王子城趾は有名な心霊スポットで、数多くの怪談話が伝えられていますが、
それも納得できる程、落城の際は壮絶な戦死者を出したそうです。
城兵達の流す赤い血は近くを流れる城山川に溢れ、
次から次へ、太く真っ赤な蛭と成って泳ぎ始めました。
それ以来、城山川は異様に蛭が多く棲み着いているのだとか。

また、ここの蛭は地元に人間には決して吸い付かないそうですが、
ある時、越後から来た行商人が、足を洗おうと川に入ると、
足を踏み入れるや否や、無数の真っ赤な蛭が行商人に吸い付き、
たちまち吸い殺してしまったそうです。
八王子城を滅ぼしたのは、加賀の前田や越後の上杉、信濃の真田など、
北方の大名たちだったので、
蛭に生まれ変わった城兵達は北国の人間に祟るからだそうです。

私は、両親が富山県出身なので、
この話を聞いて以来、八王子城趾には近づかないようにしています。



関連記事
2018-09-18 19:33 : 怖い話 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

PR

カテゴリ

メールフォーム

PR

検索フォーム